忍者ブログ
Blog of the T-shirt exhibition which a creator makes. Team『POW-WOW』project.
  クリエーターの手によるTシャツ展『POW-WOW』のブログ / 2008.7.10〜16 吉祥寺リベストギャラリー創        
   
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Artmic8neo公式ホームページは、【クリエーターの手によるTシャツ展 POW-WOW】会期終了まで期間限定リニューアルデザインになりました。

彼らハイロードウォリアーが何故走り始めたのか、誰にも解らなかった。
統制されたテクノポリスという機械都市の中で走り始めた彼らは特別な存在であり、反逆分子に他ならなかった。
彼らハイロードウォリアーを、都市のマザーコンピュータから発生したデータバグだと推測する者もいた。
つまり、完璧な統制を追求する意識体は時として理解不能な数値をフラストレーションとして吐き出すのだという。
はじまりはただの数字であったに違いない。
しかし、そうして吐き出されたマザーコンピュータのデータバグは次第に《完璧な統制》とは別の意識へと変貌した。
その意識はマザーの出した命令をきく事はなかった。
意識体は自ら廃材となったテクノピープルの部品を拾い集め、ボディを構築し始める。
組み上がったボディは、まず始めに赤子が産声をあげるかのように、テクノポリスのブレードエリア上空628mのハイロードを《走り始めた》。
このように意識体はハイロードウォリアーを次々に生産した。
2体、3体とその数は増殖を続け、今となっては一つの種族と呼べるほどに肥大し続けている。
意識体はハイロードウォリアーに《走る目的》を与えなかった。
闘走本能。
《走る》ことこそ目的であり、彼らの聖典だった。
理由もなく走る事に何の目的があるのか?彼らは一度もそれを考えた事はなかった。
暁とともにGPエアライナーは唸りをあげ爆走する。

マザーはこれを良しとしなかった。
それは秩序の破壊者であり、破壊の先導者。
マザーはハイロードウォリアーを抹殺する為に駆逐体を構築し始める。
《テクノポリスクラーケン》
テクノポリスはマザーの分身にしてテクノポリスの特権者。
一般のGPエアライナーとは違う白いGPエアライナー(インターセプターと呼ばれる)を与えられた追跡者にして恐怖の伝道者。
デフォルトのGPエアライナーが【テクノターボ】という加速装置を搭載しているのに対し、テクノポリスの駆るインターセプターには【ゴーストターボ】が搭載されている。
テクノターボの何倍ものパワーを持っている。
これだけ完璧な力をもってしても、彼らはハイロードウォリアーを逮捕することはない。
その使命は抹殺であり破壊である。
保安管理ではなく不安因子の消去である。
テクノポリスはブレードエリアを中心にシティのいたる所に配備された。
道は道ではなく最早戦場と化した。
いくつもの屍の山が築かれた。
自ら大破する者。
ポリスの牙の餌食になる者。
屍となり、ただの部品となっても地上のジャンク屋が拾い集め、新たなGPエアライナーへと組み上げる。
地上の平穏からほんの少し離れた場所に、その地獄はあったのだ。


テクノキッドの異名をとる一体のハイロードウォリアーがいた。
赤いGPエアライナーを駆り、ハイロードウォリアーの中でも屈指のスピードの持ち主だ。
生きる為に走るか?
死ぬ為に生きるか?
街は再び暁に染まる。
かつて血液が存在した時代、その暁を血液の色に例えた者もいたという。
魂。
それがどんな形をしているのか見た者はいない。

テクノキッドが自身に内蔵されたコンピューター回路を切り替えると、彼のふくらはぎの内側にある端末針(スピアと呼ばれる)を通してGPエアライナーに電気信号が送信され、マザーネットをハッキングしてテクノターボのURLへのアクセスが許可された。
轟音とともにテクノターボが発動する。
その音は、ブレードエリアに散った者達へのレクエムのようにも聴こえた。



◎【Techno Roller2】まもなく公開。【POW-WOW】公式ホームページにて。
=========================
◎『君は麗しの80's バックナンバー』
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Techno Roller (1)
【Techno Roller】 機械文化が高度に発達した社会。 テクノシティ、仮にそう呼ぼう。 テクノシティは機械化されたビル群が所狭しと立ち並び、ブレードエリアという交通帯がシティを真っ二つに分断する形である。 ブレードエリアは2種類の交通から成り立っている。 1つは地上の交通帯。これをローロードと呼ぶ。 もう一つはハイロード。ローロード上空628mの位置に交通帯として定められた一種のエアラインだ。 ローロードと比べて制限速度は遥かに速い。 テクノシティのスピード狂たちは、ハイ...
URL 2008/05/30(Fri)00:52:08
Techno Roller(2) 作画行程
しばらくはアナログでの作画をやめて、CGによる作画をしようと思っているのは、単純に作業効率のアップ。 まあ、一通りやったらまたアナログに戻るんだろうな。 その前にクリアしておきたい技術。 これが終わったら次は3DCGをやってみたいと思ってます。とはいえ、思ってるだけね。 極めてわがままに、きまぐれに。 さて、『Techno Roller』の作画行程写真を4枚アップしてみる。 まず一枚目。 とりあえず輪郭線は灰色で描画してみた。 色えんぴつと違って、最初の輪郭線の色は何色だっていい。こ...
URL 2008/05/30(Fri)01:59:23
POW-WOW project
能書き:
【POW-WOW】は2008年7月10から16日まで吉祥寺のリベストギャラリー創で開催する『クリエーターの手によるTシャツ展』のユニットです。
POW-WOWとは異なる種族間の会合を意味します。
これよりイベントまでの間、参加者がそれぞれの日常、あるいは作品の制作過程などをこのブログで発表していけるものとします。
■クリエーター?←
■リベストギャラリー様より←
■ワッチミー!TV!様より←
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]