忍者ブログ
Blog of the T-shirt exhibition which a creator makes. Team『POW-WOW』project.
  クリエーターの手によるTシャツ展『POW-WOW』のブログ / 2008.7.10〜16 吉祥寺リベストギャラリー創        
   
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [69]  [68]  [67]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Art & animation communityというコミュニティを管理しています。
これは2006年に今回の【POW-WOW】参加者でもある天炎や他数名の賛同のもと発足したコミュニティです。
もともとはmixiではじまったものですが、今は他SNSに支部を作っています。
コンセプトは
《ただ一緒にいてみようじゃないか》
それだけ。
タイトルの中にanimationという言葉が含まれていますが、これは手っ取り早く名前をつけてしまった結果であり、実際は小説、絵画、イラスト、漫画、パペット、HPデザイン、etc,,,兎に角、何かを創っている人、何かを創ろうとしている人、あるいは支部においてはその創られたものを楽しもうとする人たちの為のコミュニティ。
そう、コンセプトの意志は現【POW-WOW】に極めて近いものと思っています。
特に全体の集会をやるでもなく、ただ一緒に居てみる。

よくグローバリゼーションなんて言葉が使われてた。
僕は国境を破る力はインターネットに代表されるような電気信号の力だけじゃないと思ってる。
それが出来るのはコミュニケーションであり、個々の持つ文化の役割って大きいんじゃないかな?
旅をした時に、その土地のものを味わう。
そういうことなんじゃないかなあ。
だから隣人が何かを創ったら、《それ見せてよ》、それで構わない。
Artなんてクリエーターなんて言ってるけど、僕自身はちっともそんなんじゃない。
むしろ僕も多くの方々のご他聞に漏れず、それらの言葉があまり好きではないのだし。
けど、じゃあなんて表現すれば良い?
結局、言葉は言葉でしかあり得ない訳だし。
そう言語なんてただの音の伝達に過ぎない。
そんな事が好きとか嫌いとかってさ、そんなちっぽけな会話が何になる?
ビッグトーク、ビッグトーク(笑)!!
だから、奥面もなく【Art & animation commyunity】、胸を張って【クリエーターの手によるTシャツ展 POW-WOW】である。
一人一人が、隣人の作り出すものに興味を持ったなら、その輪はきっと大きくなる。
面白くなけりゃ見れない、面白けりゃ見れる、それだけ。

日本て国がどんな国か?
一口に言えば《臆病》だと思う。
特に今回、このTシャツ展を企画/運営する機会を与えてもらって、考えさせられることも多々あった。

まずは、発信すれば良いと思う。
僕らの隣人は、僕らが自分の信じる作品を、生き方を、家族を創っていることを知らない、ごく自然にね。
それはきっと自然なことだ。
それが悪いなんてちっとも思わないし、じゃあ、『アンタ誰とでも仲良くなれるわけ』って言われれば、そんな事はないし(僕は引っ込み思案の、案外対人恐怖症だと思う)、ましてやそんなふうになりたいなんてこれっぽっちも思ってやしない。
じゃあなんでそんな試みなんだ?
なんで『ただ一緒に居てみる?』

では、はたして『生きることに何らかの意味を見出している』人なんているんでしょうかね?
それほどまでに崇高なる目的があるのでしょうかね?
ウマレタってスタートがあってシヌってゴールがある。
はたまたシヌってことをゴールでなくリスタートという人もいるだろうね(こういった話は酒飲むと朝まで続けられるね、笑)。

ぼかあね、Techno Rollerを作った時にこう思ったわけ。

走ることに何の意味もない。
ただそこに道があった。

だからテクノキッドは走る。
生き続ける為には走るしかない。
なんかね、そんなことをぼんやりと考えながら作ってたら、あんなヘンテコな映画が一本出来ていた。
いや、それほど難しいもんじゃない、なに言ってんだ?ぼかあ。。
『Blade Runner』が好きで『MAD MAX』が好きで、んでそれをやりたかっただけじゃんよ(笑)。


Techno Rollerの話は置いといて(なんちゅう脱線やねん)、とにもかくにもArt & animation communityさ。
そんな、企画をしているわけ。
んで、何か創ってみてもらいたければ、自由に発信していただきたい。
んで、その内容に僕は一切関与しないし(アフィリエイトやエロは削除)、責任も負わない。
出会うはずのなかった隣人と笑って挨拶する日が来る。
笑顔は初めはひきつるもの。
でも数時間も経てば、心から笑い合っているに違いない。
そんな『互いを見つめ合う行為』が続いていけば、きっと戦争なんて興味なくなる。
う!?なんかでっかくなりすぎた!?
あかん!もうシャットダウンしよう。。。。
(^▽^)

We are team POW-WOW project.
and We are eath.



from : Artmic8neo the illustration show
http://artmic8neo.jougennotuki.com/



=====================================
※最後に、この記事ね、勧誘みたくなってるが、そういう意味と全然違うカンね(笑)。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
心にガツンと響くなぁ。
俺、今がツクリモノで一番充実してる時期だと思うし。。
いい時期にPOW-WOWできて良かったわー^^
天炎 2008/06/19(Thu)18:46:02 編集
>天くん
そいつあいいことだねっ。
その調子。
君は天を焦がす情熱の炎なのだから。
(^▽^)

from : Artmic8neo
2008/06/19 19:53
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Elephant SANTIE
かつて森には王がいました。 森の守護者にして、大地を司る王が。 名前は知りません。 名前など必要がなかったのです。 何故ならば王は王であるが故に王であり、大地に降り注ぐ太陽のように威厳に満ちていましたから。 王が食べようとすれば果物が実り、王が飲もうとすれば雨が降りました。 森の全てが王の全てであり、王の全ては森と共にありました。 ですから王がこの森を「そう呼ぼう」と決めた時、その時からこの広大な森は『ティアナワンガ(ー全てー)』となったのです。 森に住む彼らはみな同じ言葉を話し...
URL 2008/06/19(Thu)19:47:55
君は麗しの80''s バックナンバー
『君は麗しの80''s』 。 バラバラになった自分の記憶を、安物のセロハンテープでつなぎ止めていく作業である。今よりも遥かに時間の流れが早かった頃のおとぎ話。 音楽は人生の時間と一緒に流れるもの。その音楽を聴いていた時、自分はどこにいたのか?何を考えていたのか? 80年代の懐かしの名曲を、思い出とともに振り返ります。 ◎『君は麗しの80''s -Jeanny-/Falco』 曲:Jeanny/Falco ◎『君は麗しの80''s PART 2』 曲:Every Breat...
URL 2008/06/19(Thu)19:48:44
POW-WOW project
能書き:
【POW-WOW】は2008年7月10から16日まで吉祥寺のリベストギャラリー創で開催する『クリエーターの手によるTシャツ展』のユニットです。
POW-WOWとは異なる種族間の会合を意味します。
これよりイベントまでの間、参加者がそれぞれの日常、あるいは作品の制作過程などをこのブログで発表していけるものとします。
■クリエーター?←
■リベストギャラリー様より←
■ワッチミー!TV!様より←
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]